会社設立で避けたい会社名

会社設立

会社設立をする際、重要となってくるのが会社名です。
会社名は基本的にルールやマナーを守っていれば、そこまで厳しい制約などはありません。
基本的には自由に付けても大丈夫です。
ただ、今後の経営や運営を考えていくのなら、会社名に関しては気を付けておきたいことも多々あるので注意しておきましょう。
会社名というのは、いわばその会社の顔になるものです。
毎回電話やメールで「○○の○○です」と名乗ることが必要となります。
そういう点も含めて、しっかりと考えていくことが必要途なってきます。
逆に言えば、会社名だけで印象が決まってしまうこともあるということです。
これから会社設立を考えているのなら、特にその点に関してはじっくりと考えていくようにしましょう。

まず、会社名を付ける際に重要となるのが、わかりやすいかどうかということです。
近年は英語表記で複雑な会社名を付けるというところも多くなっています。
グローバル社会になってきていることを考えると、英語表記にするのはおすすめです。
ただ、意味のわからない会社名にしたり、複雑な会社名にしたりすると、やはり伝わりにくくなってしまいます。
まずは自分たちが行う事業に合わせて、わかりやすい会社名にするということを目指しましょう。
例えば、インターネットのトラブルシューティングを行う会社であれば、略して「ネッティング株式会社」にするなど、より明確な意味が込められていて、なおかつわかりやすいものが良いです。
もちろん、必ず意味がないといけないということはありません。
ただ、会社名だけでその会社が何をやっているところなのかわかるのが良いです。
もしくは、その名前がブランドそのものになるという場合は、それもまた良しです。
とにかく明確なものが良いでしょう。

また、会社名に関しては、色々な単語を取り入れたいと思うこともあるかもしれません。
ただ、やはり短い名前の方が覚えやすくて良いです。
電話やメールで伝える際にも間違われることが少なくなり、より円滑なコミュニケーションにも繋がっていきますからね。
会社設立の際は、どのような社会名にするのか迷ってしまうということも多々あります。
しかし、そこでわかりやすいものをチョイスできるかどうかというのは、とても重要となるでしょう。
色々と候補を出してみて、じっくりと決めていくのが良いです。
なお、決められないという場合は、第三者の意見も参考にしてみてください。

会社設立農業について

会社設立01

会社設立して行うビジネスはさまざまありますが、農業も選べます。
これを選んだ場合はその会社の主な事業として農業を行っていくことになるのです。
農業といえば個人単位の農家を思い浮かべる方も多いでしょう。
会社設立農業を選んだからこそのメリットもたくさんあります。

会社設立農業の大きなメリットは、まず節税しやすくなることです。
会社設立すると個人の頃と同じように農業によって収益を上げていくわけですが、このときには会社の収益と個人の収入を分けられます。
その会社の関係者個人の収入は会社からの給料という扱いになります。
給与をいくらにするかは会社の経営方針として決定できますから、個人の課税額が重くなり過ぎないように調整可能なのです。

そして会社に残ったお金には法人税などがかかりますが、こちらは税率が一定となりますから、高い収益を上げたとしても個人のときよりは税金が軽くなることもあります。
さらに会社を作ると経費として認められる項目が増えますから、法人に残るお金も課税対象額となる金額をできるだけ減らせるのです。

会社設立したから認められる経費とはたとえば福利厚生費です。
これは個人事業主では適用できない経費ですが、会社設立すれば適用可能になります。
これまでは経費にならなかったお金も経費とすることで節税しやすくなるのですね。

会社設立して農業をするとこのような税金のメリットがありますが、これ以外にもメリットはあります。
それは社会的信用が高くなることです。
一般的に社会的信用は法人の方がより高くなります。
そちらの方が何をするにもやりやすいのです。

法人化すると有利になる具体的なシーンとは、銀行でお金を借りるときや、新規取引先を開拓するとき、従業員を募集するときなどです。
これらのときは個人農家として相談するよりも、農業をやっている会社法人として相談した方が何かといい返事が来やすくなります。
対外的な信用は法人の方が高いため、まったく同じ場所で同じ農業をやっていても、会社設立した方がいろいろな他人の力を借りやすくなるため、農業もやりやすくなるのです。

このようなことも会社設立農業のメリットとなります。
このほかにも会社設立して行う農業だからこそのメリットはたくさんあります。
農業をやりたいときや、すでに個人農家として農業をやっているとき、もし可能なら会社設立も考えてみるといいでしょう。
ただし会社設立にはデメリットもあります。
特に売上規模が小さいうちはデメリットの方が大きくなる場合もありますから、法人化の際には事前によく専門家に相談するといいでしょう。

会社設立時に作成する定款は公証役場で認証を

会社設立

名古屋で会社設立をする際には、発起人同士が話し合って設立しようとする会社の規則などを定めた定款を作成します。
多くの人が初めて定款を作成すると思いますが、この定款に定められたルールに従って会社運営していくので大変重要なものになるのです。
ただ発起人同士で最初に作成した定款を原始定款と言って、この状態ではただの紙と同じで、公証役場で公証人による認証を受けて初めて効力が発生します。
この公証役場で公証人による認証を受けることを定款認証と言って、正当な手続きで作成されたことを公証人が証明することです。
また認証行為は公証人の権限なので、公証人以外が認証をすることはできません。
それから一旦作成して公証役場で認証を受けた後で変更するには、会社設立前なら原則として再度公証役場での認証が必要ですし、会社設立後なら株主総会の決議が必要になるのです。
ちなみに定款認証は法務局へ会社設立登記の申請前に行うもので、公証役場で認証を受けた定款でなければ法務局で受理されません。

公証役場は各都道府県に設置されている法務省・法務局所管の公的機関で、○○公証役場・○○公証センター・○○公証人合同役場など様々な名称がありますが、実施している内容は同じです。
東京都においてはほぼ区ごとに設置されているのですが、地方なら県内に2箇所程度しかない所もあります。
公証役場は全国で約300箇所程度あって日本公証人連合会のホームページに一覧が掲載されているので、名古屋で会社設立するのならどこにあるのかを事前に調べておくと良いです。
公証役場では法務大臣から任命された元裁判官や元検察官など、長年法律関係の実務経験がある公証人が業務をしていて、定款の認証を与える権限を持っています。

会社設立時に作成する定款の認証は全国どこの公証役場で良いのかというとそうではなくて、定款認証を受ける公証役場は会社の住所(本店所在地)と同一の都道府県にある公証役場となっているのです。

ですから名古屋市東区に会社を置く場合なら、愛知県内の公証役場であればどこでも定款認証が受けられます。
ただ名古屋市に会社を置くのなら、名古屋市内にある公証役場を利用するのが一番です。
あくまで会社の住所で決まるので、発起人や取締役の住所が大阪府内であっても、名古屋市内に会社を置くのなら愛知県内の公証役場で認証を受けます。
ちなみに定款認証前に公証人がチェックするので公証役場を間違えることはありませんが、管轄の公証役場以外で認証を受けた場合には、その定款は無効になるので注意が必要です。

名古屋で起業したい

名古屋は世界的に名の知られた企業がありますしたくさんのビジネスチャンスが生まれているエリアで、これから起業したいと考えている人にとってはおすすめできるエリアです。
起業するにあたってまず知っておきたいのは会社設立の準備についてで、会社設立の手続きは個人事業の開業とは違ってやることも多いですから、順番を確認しながら進めていかなければなりません。
続きを読む “名古屋で起業したい”

会社設立をサポート

名古屋はたくさんの企業が集まっている競争の激しいエリアですが、その分新しいビジネスチャンスも生まれやすく、会社設立を名古屋でしたいと考えている人は多いです。
しかし会社設立手続きは個人事業のときのように開業届を出せばひと段落というわけではありませんから、自分だけで進めていくよりも専門家にサポートを受けながら効率的に進めていくほうがいいでしょう。
それでは会社設立のサポートを受けられる専門家とはどんな種類があるのでしょうか?
続きを読む “会社設立をサポート”

会社設立は自分でやると安い?

これから名古屋で会社設立をしたいと考えている人の中には、自分で会社設立手続きをしようとしている人もいると思いますが、会社設立手続きは自分でやるのと専門家へ依頼するのとではどちらが安いのでしょうか?
まず自分で会社設立手続きをするという人はほとんどができるだけ安いコストで手続きをしたいと考えているでしょう。
しかし必ずしも自分でやるほうが安くなるとは限らないのです。
なぜなら会社設立手続きは専門的な知識が必要になる場面もありますし、自分でやるとなると専門家へ依頼するときにはかからなかったコストがかかることもあるからです。
続きを読む “会社設立は自分でやると安い?”

会社設立の代行サービス

これから名古屋で会社設立をしたいと考えている人も多いと思いますが、会社設立すると聞くとどうしても難しそうだとか自分だけでうまく手続きできるか不安といった声が聞かれます。
とは言え手続きをしなければ会社設立できませんし、間違ったやり方で手続きをしてもやり直しになるだけですからきちんとしたやり方でスケジュールを組んで進めていく必要があります。
続きを読む “会社設立の代行サービス”

会社設立するなら知っておきたいこと

名古屋には今たくさんの新しい企業がスタートしており、経済が盛り上がってきていると言われています。
名古屋のような大きなエリアで会社設立することによって将来的な成長の可能性も広がりますし、ビジネスチャンスも多いのでチャレンジする価値は大いにあると思います。
しかしその前にまずやらなければならないのが会社設立の手続きで、これは個人事業のように開業届を出して終わりというわけではありません。
続きを読む “会社設立するなら知っておきたいこと”