会社設立は自分でやると安い?

これから名古屋で会社設立をしたいと考えている人の中には、自分で会社設立手続きをしようとしている人もいると思いますが、会社設立手続きは自分でやるのと専門家へ依頼するのとではどちらが安いのでしょうか?
まず自分で会社設立手続きをするという人はほとんどができるだけ安いコストで手続きをしたいと考えているでしょう。
しかし必ずしも自分でやるほうが安くなるとは限らないのです。
なぜなら会社設立手続きは専門的な知識が必要になる場面もありますし、自分でやるとなると専門家へ依頼するときにはかからなかったコストがかかることもあるからです。

代表的な手続きをあげると、定款は会社名・会社の所在地・事業内容などの基本事項や会社の組織図となる機関設計、資本金などを記載するとても重要な書類で会社設立手続きのターニングポイントになりますが、定款の作成は専門家へ依頼する場合は電子定款となります。
なぜ電子定款にするかというと電子定款は印紙代がかからないからで、紙の定款にすると作成に印紙代40,000円がかかってしまうのです。
したがって定款の作成だけで40,000円もかかってしまえばその時点でコストが多くかかっていることになりますし、これをカットできればほかのところへお金も回せます。

電子定款は専用のソフトを導入しなければならず、なおかつ専門的な知識が必要になりますので素人では少し難しい面もありますから、専門家へ依頼したほうが明らかに安くなるのです。
また司法書士に依頼すれば登記申請の書類作成や申請代行もしてくれるので、その分自分は会社設立に向けていろいろなことをできるのでメリットは大きいでしょう。

もちろん経験として自分で会社設立手続きをやっておきたいという人はチャレンジするのもひとつの選択肢ですが、単純にどちらが安いか?ということだけなら自分でやるよりも専門家へ依頼したほうがおすすめです。
まずはどんな手続きが必要になるのかチェックしてください。