会社設立をサポート

名古屋はたくさんの企業が集まっている競争の激しいエリアですが、その分新しいビジネスチャンスも生まれやすく、会社設立を名古屋でしたいと考えている人は多いです。
しかし会社設立手続きは個人事業のときのように開業届を出せばひと段落というわけではありませんから、自分だけで進めていくよりも専門家にサポートを受けながら効率的に進めていくほうがいいでしょう。
それでは会社設立のサポートを受けられる専門家とはどんな種類があるのでしょうか?

まずひとつめは司法書士で、司法書士の強みは何と言っても手続き全般を代行できるところにあって、会社設立を最初から最後までサポートしてほしいという人におすすめです。
司法書士は電子定款作成にも対応しているため、わざわざ公証役場で印紙代40,000円を支払って定款を作成しなくてもいいので大きなコストカットになりますし、登記書類の作成や申請代行もできるので自分は会社スタートに向けた準備に集中できます。

次に行政書士ですが、行政書士も書類作成をすることが可能ですが司法書士のように登記申請の代行はできませんので、最初から最後までサポートしてもらいたいという人にはあまりおすすめできません。
その変わり許認可手続きに強いので、建設業、運送業、飲食業など許認可手続きが必要になる業種をはじめるならおすすめです。

そして企業にもっともかかわりが深いと言える専門家が税理士で、税理士とは長く付き合っていく可能性が高くなりますから、しっかりと選んでください。
税理士は文字通り税金のスペシャリストで、企業に関連するあらゆる税金についてアドバイスできますし、年末調整や確定申告のときには大いに助かる存在です。
また会社設立手続きをサポートすることもできるので、早い段階から探しておき顧問契約をしておくと会社スタートしてからもサポートを受けられます。

ほかにも法律のスペシャリストである弁護士がいれば社会保険関連に強い社労士などもいます。