補助金を活用したい

名古屋で会社設立を考えている人の中には、資金調達の一環として補助金を活用したいという人もいるのではないでしょうか?
補助金にはいくつかの種類があって、それぞれ特徴がありますからその点を把握してから申請するようにしてください。

まず最初に紹介するのが経済産業省系の補助金で、これは創業補助金・小規模事業者持続化補助金・ものづくり補助金などがあげられます。
創業補助金とは文字通り会社を創業するにあたってそれをサポートする意味合いがあるもので、もともと雇用を促進して日本経済を活性化させることを目的として登場しました。

創業補助金には創業促進補助金と第二創業促進補助金の2種類があって、創業促進補助金は100万円以上200万円以内と決められており、目的は新規事業の立ち上げのサポートとなっています。
第二創業促進補助金は100万円以上200万円以内、既存事業を廃止する場合は廃止費用として800万円となっており、家業の継続などを目的に申請することができます。
小規模事業者持続化補助金は小規模の事業者を助ける意味合いがありますし、ものづくり補助金は職人などその道のスペシャリストを育てたり助けたりするためにあります。

次に自治体が独自で展開している補助金もあって、これは各自治体が必要に応じて準備しているものですから、全国的に適用されるわけではありません。
補助金を受けるためにはあらかじめ指定された条件を満たしていなければならず、しかも必ず受給できるわけではありませんので、まずは条件が合致しているか確認して申請を出さなければなりません。

ほかにも大手企業、政府系金融機関、各種の財団が独自に設けている補助金制度もあります。
補助金は申請期間が決められていることがほとんどなので、受給したい場合はあらかじめ申請スケジュールをチェックしておく必要があるでしょう。
まずは補助金を出しているところの条件を確認するためにもホームページなどをチェックしてみてください。