名古屋で起業したい

名古屋は世界的に名の知られた企業がありますしたくさんのビジネスチャンスが生まれているエリアで、これから起業したいと考えている人にとってはおすすめできるエリアです。
起業するにあたってまず知っておきたいのは会社設立の準備についてで、会社設立の手続きは個人事業の開業とは違ってやることも多いですから、順番を確認しながら進めていかなければなりません。

まずはじめにやるのは会社名・会社の所在地・事業内容といった基本事項の決定です。
会社名は自分の名前や好きな言葉、会社のスローガンなど何でも構いませんが、商号登録されている名前を使うことはできませんので会社名が決まったら必ず商号調査をして使えるかどうかを確認してください。
次に会社の所在地の決め方ですが、これはアクセス面と環境面のバランスが大切で、通勤や営業の往来がしやすくて働くうえでも問題ない環境の場所を選ぶ必要があります。
特にアクセス面は求人の集まりにも大きく影響します。
事業内容はどんな商品をどんな売り方で利益を出すのかを検討して決めますが、発起人同士だけでなく外部からのアドバイスにも耳を傾けるとより参考になります。

会社の基本事項が決まったら定款の作成に移りますが、定款の作成は今電子定款が主流になっており、電子定款だと通常40,000円かかる印紙代が無料になるメリットがあります。
定款は会社のルールブックとなる重要な書類ですし、電子定款は専用のソフトを利用するのでできれば専門家へ依頼することをおすすめします。
株式会社の場合は定款の認証手続きが必要になりますので、手数料50,000円などを持参して公証役場で手続きしてください。
それが終わったら資本金の払い込みを行い、法務局で登記手続きをしますが、これが終われば晴れて法人となります。

登記時に必要な書類は多いのでひとつひとつ確認して漏れがないようにしてください。
登記申請の代行は司法書士ができますので希望する場合は依頼してください。