会社設立の準備

名古屋は日本でも知名度の高いエリアでたくさんの企業がありますが、そんなエリアで会社設立するにあたり準備しておくべきこととはどんなことでしょうか?
ここではこれから名古屋で会社設立したいと考えている人のために準備しておくべきポイントを紹介していきたいと思います。

まずはじめに会社設立でもっとも苦労する点と言えば資金調達だと思いますが、資金を準備するにあたってできることはいくつか選択肢があります。
もっともリスクが低いのは自己資金を貯めてそれを資本金に充てることですが、これは事業を円滑に進めていけるだけの金額になるまでかなりの時間がかかります。
また、少し足りないけど思い切って自己資金だけでスタートするというのは少しリスクが高いので、足りないのであれば優先すべきは事業に必要な資金が十分に準備する手段を探すことです。

一般的に資本金は会社スタートから3か月間の運営費に充てられるだけの金額が妥当だと言われていますから、ここを基準に準備してください。
自己資金だけで準備できない場合は親族や知人に借りる、あるいは銀行などから融資を受ける方法もありますし、創業融資や助成金・補助金制度を活用したりすることもできます。

現在の会社法では資本金の設定が特にありませんので、株式会社であっても資本金1円で設立することは可能です。
しかし実際に会社運営していくうえで現実的な話ではありませんので、しっかりと必要な金額を設定してください。
一部の業種は資本金の最低金額が設定されているものもあって、人材派遣業は最低でも2,000万円の資本金が必要になりますし、派遣監督者になるための資格も取得しなければなりません。

さらにお金の準備以外にも会社設立に必要な設備を整えることも重要で、たとえばインターネット回線は今やどの企業でも必要になっていますから早めに申し込みをしておいたほうがいいでしょう。
そのためにはオフィスの物件探しも早くしなければなりません。