いくらで会社を設立できる?会社設立に関する登記費用について!

登記費用

独立して会社設立を夢としている人は多いと思います。
最近では、若い世代の人も会社設立をしていて、いくらくらいの費用があれば設立できるのかと考えている人もいるでしょう。
そこで、会社設立に関する登記費用について見ていきたいと思います。

・自分で行うときの登記費用は?
会社設立する場合は登記の申請が必要で、登記費用として240,000万円程度の費用がかかると言われています。
と言うのも、登記の申請には公証人の手数料や収入印紙代、登録免許税などが必要になるからです。
公証人の手数料に関しては50,000円、収入印紙代が40,000円、登録免許税が150,000円と決められています。
その他にも謄本代は1冊1,000円、登記事項証明書代1通600円、印鑑証明書代1通450円が必要になります。
尚、謄本は登記申請用と保管用の2冊が必要なので、登記費用としては全部で243,050円が必要です。

・専門家に依頼をしたときの登記費用は?
登記の申請は自分で行わなくても、専門家に依頼して登記手続きを行ってもらうことが出来ます。
専門家に依頼をしたときは電子定款によって登記手続きを行ってくれるので、収入印紙代の40,000円が必要なくなります。
よって、自分で登記を行うよりも、専門家に依頼をしたときの方が登記自体の費用としては安くなり、203,050円で登記が出来ますよ。
しかし、専門家に依頼をするときの相場としては、200,000円~300,000円程度の費用がかかると言われています。
専門家の代理手数料としては、相場よりも格安で登記の申請を行ってくれるところもあります。
場所によっては7,000円程度で登記の申請が出来るところもあるので、こういった事務所に依頼することが出来れば自分で登記の申請を行うよりも費用を抑えられるのではないかと考えられます。
また、専門家の場合は電子定款によって登記手続きをするので、自分で登記の申請をするよりも早く登記を完了させることが出来ますよ。

このように会社設立に関する登記費用については、自分で行うのと専門家に依頼するのとで大きく異なります。
専門家に依頼をしたときの相場を考えると、自分で登記の申請を行ったほうがいいと考える人もいますが、格安で依頼できる事務所を探して通常よりも安く登記の申請をしたいと考える人もいます。
また、専門家に依頼をすると登記の申請が早く完了するということで、専門家に登記の申請を依頼する人も多いそうです。
何を基準にして登記の申請を行うかを考え、最低でも登記の申請だけで203,050円~243,050円の費用が必要になります。